葉酸サプリは不妊の人にも効果があるの?

飲むと不妊が治るという噂は本当?

葉酸サプリは妊娠前からの摂取が大切だといわれていますよね。それは胎児の発育に関係するだけでなく、不妊症が多い30代女性の妊活にもメリットになるため。では葉酸と不妊についての関係についてご紹介したいと思います。

 

飲むと不妊が治るという噂は本当?

葉酸サプリで不妊改善にメリットになる理由は

 

  • 卵子を丈夫にする
  • 子宮内膜を健康にする
  • 卵巣の働きを活性化する

 

これらの理由が妊活にとても話題になっています。

 

卵子を丈夫にして妊娠率アップ

結婚して2年以上妊娠しない場合は不妊症の可能性があるといわれています。妊活に多い30代の女性はストレスや加齢により20代よりも妊娠率が減少してしまいます。

 

その理由の一つが卵子の質が悪くなること。葉酸は卵胞を大きく成長させ卵子の発育をサポートする働きがあります。排卵の質を高めることが健康な妊娠ヘの第一歩。

 

しかし卵子は体が老化するとともに古くなってしまいます。葉酸は血行不良を改善し、卵子の栄養補給もスムーズにできるため、健康な卵子が作りやすくなるのです。年齢が不安になる30代の妊活にはぜひ葉酸サプリを取り入れたいですね。

 

子宮内膜が健康になると着床率が向上

子宮の中は目で見ることができない為、妊活をした時に初めて不妊であることが判明する場合が多いですよね。不妊症になる原因はさまざまですが、近年ストレスや生活習慣などが引き金となりなかなか妊娠できない女性が増えています。

 

それは男性も同様で、元気な精子が作れない人が多くなっています。そこで大切なのが子宮の状態。少しでも着床率を高めるには子宮内膜が厚く、ふかふかのベッドのようになった状態が理想。

 

葉酸は卵胞ホルモンの分泌を活発にする為、子宮内膜を厚くして着床率をサポートする効果があります。妊娠しにくいのは女性だけでなく、男性にも問題がある可能性がありますよね。妊活は男女ともに葉酸サプリを摂取して健康な妊娠を目指しましょう。

 

卵巣の働きを活性化する効果

葉酸は胎児の発育を助けるだけでなく、造血作用も特徴の一つ。血液の量が増えると血行が活発になりますので女性特有の冷え性改善にもメリット。

 

また代謝が活発になり女性ホルモンの分泌もさかんに行われるようになります。30代をすぎると肌の老化も徐々に気になりませんか。これは女性ホルモンの分泌が減少しているため。

 

体の表面だけでなく内側でも老化は進んでいます。卵巣の働きは年齢ともに衰えていくため、葉酸の働きで卵巣機能を高めることが大切ですね。卵巣がしっかり機能していれば卵子の質も高くキープできるのです。

関連ページ

妊活と妊娠に大切な理由について
葉酸サプリの摂取は妊活、妊娠ととても深い関係があります。元気な赤ちゃんを産むためには毎日の栄養補給は大切ですね。ではなぜ葉酸サプリは妊活、妊娠中に必要なのでしょうか。その理由を理解して快適な妊婦ライフを過ごしましょう。
赤ちゃんに害を与えない安全な葉酸サプリの選び方ポイント
葉酸サプリだけでなく、妊娠中はあらゆるサプリの摂取にとても敏感になる方が多いですよね。妊婦さんが食べるものは全て赤ちゃんも吸収しています。葉酸サプリの摂取の必要性が取り上げられていますが、赤ちゃんには害はないでしょうか。安心して葉酸サプリを選ぶ点をご説明したいと思います。
出産後も飲んだほうがいい理由
葉酸サプリは妊活や妊娠初期の摂取が話題になりますが、産後も実は心がけて摂取が必要な栄養分。葉酸サプリを出産後に飲む必要性についてご説明したいと思います。長い期間お世話になる葉酸サプリは満足できるものを選びたいですね。
葉酸サプリと併用して注意したい妊娠中の生活ポイント
葉酸サプリの摂取は厚生労働省で推奨するほど、とても大切な栄養素として注目されています。しかし妊娠中に必要なのは葉酸以外にも多くの栄養があり、注意したい生活習慣なども知っておきたいですね。