安全な葉酸サプリはどうやって選んだらいいの?

赤ちゃんに害を与えない安全な葉酸サプリの選び方ポイント

葉酸サプリだけでなく、妊娠中はあらゆるサプリの摂取にとても敏感になる方が多いですよね。妊婦さんが食べるものは全て赤ちゃんも吸収しています。

 

葉酸サプリの摂取の必要性が取り上げられていますが、赤ちゃんには害はないでしょうか。安心して葉酸サプリを選ぶ点をご説明したいと思います。

 

赤ちゃんに害を与えない安全な葉酸サプリの選び方ポイント

葉酸サプリを安心して飲むためには安全性の高さを要チェック

 

  • 添加物の使用
  • サプリの製造工場の安全性
  • 葉酸の種類

 

これらのチェック点を意識して葉酸サプリを比較してみましょう。

 

添加物が使用されたサプリは避けること

葉酸サプリは妊活中から産後の授乳まで長い期間摂取が必要といわれています。サプリメントは基本的に食生活のサポートになるものですから、習慣的に継続することが大切ですよね。

 

妊娠中は母体だけでなくお腹のなかの赤ちゃんにとっても安心なものしか口にはできません。葉酸サプリを選ぶ際は添加物の使用を必ずチェックしましょう。

 

保存料や着色料、香料などの人口添加物は体内で蓄積させると母子ともにダメージが加わる可能性があります。無添加の葉酸サプリが人気があり、安心して妊娠期間中の栄養補給ができますよ。

 

葉酸サプリの工場は安全?

葉酸サプリは海外でも妊婦さんの摂取が常識となっています。値段が安いサプリの通販もあり、世界中の葉酸サプリがいつでも手に入る時代になりました。

 

しかしサプリメントは海外の基準とは異なる場合もあり、添加物や配合成分に不安もありますよね。また海外の工場で製造したサプリは衛生面も気になる点です。

 

しかしそれは海外だけでけなく国内の工場も同様。葉酸サプリを選ぶ時はGMPと呼ばれる基準を満たした製造工場であるかどうかチェックしましょう。GMPは原料入庫から出荷に至るまでの過程を安全と認める基準。毎日飲むサプリだからこそ安全性にこだわりを持つことは大切ですね。

 

知っておきたい葉酸の種類について

葉酸サプリといっても使用する葉酸は全て同じではありません。モノグルタミン酸型とポルグルタミン酸型と呼ばれる2種類の葉酸がありますが、通常合成葉酸と呼ばれるモノグルタミンサン酸型は、天然葉酸と比較すると体内での吸収率が高い特徴があります。

 

合成と聞くと不安を感じる方も多いのですが、合成葉酸は体に害があるものではない為、効率的な栄養摂取として厚生労働省でも推奨しています。

 

しかしどうしても天然にこだわりたい方もいますよね。その場合はポリグルタミン酸型の葉酸サプリがオススメ。どちらも安全性に問題はなく、過剰摂取などを注意して体に負担がないように摂取が必要です。

関連ページ

妊活と妊娠に大切な理由について
葉酸サプリの摂取は妊活、妊娠ととても深い関係があります。元気な赤ちゃんを産むためには毎日の栄養補給は大切ですね。ではなぜ葉酸サプリは妊活、妊娠中に必要なのでしょうか。その理由を理解して快適な妊婦ライフを過ごしましょう。
飲むと不妊が治るという噂は本当?
葉酸サプリは妊娠前からの摂取が大切だといわれていますよね。それは胎児の発育に関係するだけでなく、不妊症が多い30代女性の妊活にもメリットになるため。では葉酸と不妊についての関係についてご紹介したいと思います。
出産後も飲んだほうがいい理由
葉酸サプリは妊活や妊娠初期の摂取が話題になりますが、産後も実は心がけて摂取が必要な栄養分。葉酸サプリを出産後に飲む必要性についてご説明したいと思います。長い期間お世話になる葉酸サプリは満足できるものを選びたいですね。
葉酸サプリと併用して注意したい妊娠中の生活ポイント
葉酸サプリの摂取は厚生労働省で推奨するほど、とても大切な栄養素として注目されています。しかし妊娠中に必要なのは葉酸以外にも多くの栄養があり、注意したい生活習慣なども知っておきたいですね。